社会保険や労働保険・助成金に関する手続きや労務管理のご相談は当事務所にお任せください。

吉村泰美社会保険労務士事務所

福岡県社会保険労務士会所属

初回相談無料・福岡市~筑紫地区まで対応

メールでのご相談はこちら

ブログ

近年、雇用関連助成金が大きな注目を浴びていますが、
平成30年度の助成金改正を含む「雇用保険法施行規則及び建設労働者の雇用の改善等に関する法律施行規則の一部を改正する省令案」のパブリックコメントの意見募集が開始されています。

これによれば平成30年度の雇用保険法等に基づく各種助成金の見直しや新設の対象となるのは以下の助成金となっています。

①雇用保険法施行規則の一部改正関係
(1)労働移動支援助成金
(2)65歳超雇用推進助成金
(3)トライアル雇用助成金
(4)両立支援等助成金
(5)人材確保等支援助成金
(6)キャリアアップ助成金(人材育成コースを除く。)
(7)障害者雇用促進等助成金
(8)生涯現役起業支援助成金
(9)人材開発支援助成金
(10)キャリア支援企業創出促進事業
(11)地域雇用開発助成金
(12)認定訓練助成事業費補助金

②建設労働者の雇用の改善等に関する法律施行規則の一部改正関係
(1)建設労働者確保育成助成金

なお、今後ですが、平成30年3月予算成立後に公布され、4月1日に施行される予定となっています。

詳しくはこちら


平成30年3月5日から社会保険手続における個人番号(マイナンバー)の利用が開始されます。

厚生労働省からはマイナンバーの利用にあたり、大幅変更となる各種届出様式の見本を公開し、
周知を始めました。

今後、マイナンバーを利用する場面が増えることが予想されるため、
企業としてもマイナンバーの回収・保管・破棄の方法、本人確認方法等を再確認しておきたいものです。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000193798.html

詳しくはこちら

協会けんぽから平成30年3月分から変更となる健康保険料率および介護保険料率の公表がありました。
福岡は引き上げとなります。

福岡 10.23%

なお、介護保険料率は全国一律で1.57%へと引き下げになります。
給与計算などでの変更を間違えないようにしましょう。

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/shared/hokenryouritu/h30/ippan/300340fukuoka.pdf

詳しくはこちら

この夏の思い出

UPDATE:2017.9.26

今年の夏は娘二人と沖縄の渡嘉敷島へ3泊4日の旅行へ行きました。

社会保険労務士事務所を開業して2年と8ケ月。

お恥ずかしながら離婚してまる1年。

ここ数年娘達にはたくさん心配をさせてしまったし、南の島でゆっくりと家族と過ごしたいと思ったのです。

業務は安心して任せることができる従業員のおかげで時間をいただくことができました。

海で3日間も魚と一緒に泳ぎ、子供たちの無邪気な笑顔を見ていると・・・

私は「子供の笑顔のため」に働いているのだなあって感じました。

そのためにはまずはお母さんが笑顔でいることが大事なのでしょうね。

P8290795_1P8290807_1P8290385P8290674

P8290672P8290800_1P8270048_1P8290391_1P8280286_1

 

 

詳しくはこちら

●雇用保険の適用拡大

これまで、雇用保険の適用除外であった65歳以上の方も、雇用保険の適用対象となります。
今回の改正で年齢制限が撤廃され、平成29年1月1日より65歳以降で採用された方や65歳以降に採用されてこれまで働いて
こられた(雇用保険未加入の)方も雇用保険に加入することになります。
(1週間の所定労働時間が20時間以上であり、31日以上の雇用の見込みがある方)

●64歳以上の保険料免除は廃止

毎年4月1日時点で64歳以上の従業員については、4月1日以降の保険料がこれまでは免除になっていましたが、
今回の法改正により免除制度が廃止になりました。
ただし、即廃止となりますと企業負担が大きいため経過措置として、平成32年3月までは免除が継続となります。
つまり、平成32年4月以降は、保険料の免除はなく、また年齢に関係なく働いている人は雇用保険に加入し保険料を納めなければならないということです。

●高年齢求職者給付金に変更なし

給付については、65歳前に退職しますと基本手当(一般的に90日分~150日分)が支給されますが、
65歳以降に退職した場合には高年齢求職者給付金(30日分または50日分)が支給になります。
65歳以上の方も今後保険料を支払うことになりますと、同じ保険料を負担しているにも関わらず給付が3分の1程度と不公平感を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、
給付金について変更はありません。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000136394.pdf

詳しくはこちら

育児と仕事との両立を支援する企業を応援します

わかりやすい! 読みやすい!職場の“ルールブック”作成します

お問い合わせはこちら